最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  
容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。

新作紹介

  1. 2007/03/16(金) 22:19:22|
  2. 新作紹介|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
■■  ボクサー (サイトー) ■■

ジャンル ショートショート
長さ 原稿用紙5枚

ショートショートです。

すぐ読む⇒  http://www1.plala.or.jp/takeaction/novel/bokusa.pdf
すぐ読む⇒ 「小説の部屋」(ID=482)
http://www1.plala.or.jp/takeaction/syousetuindex.htm

 ショートショートですからね。作品紹介で多くを語れないのはいたしかたありません。本文で勝負ですね。

新作紹介

  1. 2007/03/10(土) 22:04:46|
  2. 新作紹介|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
■■ 謎行きバス その5 (遥 涼) ■■

ジャンル:児童文学(もどき)
長さ:原稿用紙19枚

 学校前のバス停は、行き先不明の「謎行きバス」。だからみんな怖がって乗らない。
「虫好きの弱虫」となじられた雄一は、見返してやろうとそのバスに乗る。到着したのは、親と暮らせない子供達を預かる施設。雄一は施設のセンター長に依頼され、「昆虫学の特別講師」を引き受ける。下級生を連れて施設内を歩き、出会った虫のおもしろ話。
 そして一回りしたところで、女の子が、飼っているアオムシの様子について尋ねてくる。そこに大きなヘビが見つかったと、男の子達が割って入る。

すぐ読む=>
http://homepage2.nifty.com/fly_up_fairy/story/boundforriddle.html#new
ホームページ=> 「創作物語の館・fly up fairy project system 2000」(ID=820)
ホームページURL http://homepage2.nifty.com/fly_up_fairy/index.html

◆おたより◆
 このお話。淡々と進んで行くように見えて、後から振り返ると実は…。という性質のようです。このため、盛り上がりに欠けるように見えてしまい、ゴメンナサイです。ただ、ここから少々動きます。
 まぁ、こんなセオリーも王道も無視、無手勝流ならではのやりたい放題(笑)は、ネットだからこそ、ということでお許しを。

 お許しもなにも、僕はそういうの好きですよ。それに、無手勝流が楽しめるのもネットの特典ですもんね。さて、あとから振り返ると……? 楽しみです。

新作紹介

  1. 2007/03/05(月) 00:32:04|
  2. 新作紹介|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
■■ドラグーン・レジェンズ 第三章 戦乙女 投稿者:naka(蒼樺)■■

ジャンル:ファンタジー
長さ:計96KByte

 ラディアス兄妹を連れて蒼き風の国――フィルフィニクスにやってきたフォルクたち。
 そこでフォルクは友人や家族と再会する。
 そして、フォルクの正体と過去がアリスに語られる……

すぐ読む=> http://vallgueys.hp.infoseek.co.jp/naka/
ホームページ=>「Blue Birch」(ID=690)
http://vallgueys.hp.infoseek.co.jp/

◆◆おたより◆◆
 花粉の時期ですね(^^;)
 今年はそこまで多くないとはいえ、やはり辛いものがあります。しかし、僕の場合は花粉の飛散量が多いときの方が影響が少ないので、出来ればもう少し飛んで欲しいなぁというのが、他の人には迷惑千万は願いです。


 それは珍しい花粉症ですね。僕は花粉症ではありませんが、アレルギー性鼻炎という奴で、年中苦しんでいます。とくに、温度変化に弱く、温度の低いところから高いところへ行った直後とか、薄着をしていないのに暑いときや暑くなたときは苦しみます。

新作紹介

  1. 2007/03/04(日) 00:26:07|
  2. 新作紹介|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
■■ Geschichte026 (hyu) ■■

ジャンル:欧風異世界ファンタジー
長さ:約14kb

 剣と魔法の本格欧風ファンタジー小説。
 31話をUPしました〜

 ::::::::::

 ―――武術を習いたいだって!? バカなことを言うな!! 怪我でもしたらどうするつもりなんだ……!!
 一瞬、聞こえのいい言葉。だがそれは娘を思う父親の言葉ではなかった。
 ―――キズモノの女なんていくら綺麗でも価値が下がるだろう・・・!?
 すべらかで美しい肌は男を悦ばせるためのもの――

 故郷の馬鹿げた慣習と、父の言葉を思い出し喉の奥がぎゅっと締め付けられるような不快感を覚えた。
「じゃぁ男だったらいいって言うの?」。

 ::::::::::

 旅の少女の、ある村でのお話。

すぐ読む⇒ 
http://rein-wiederkehr.egoism.jp/hyuside/RtI_zer0/Geschichte/Gtop.html
ホームページ⇒ 「Return to Innocence」(ID=117)
http://rein-wiederkehr.egoism.jp/hyuside/RtI_zer0/

◆◆おたより◆◆
 お久しぶりです…!
 更新の度にだと、頻繁になりすぎるかと投稿控えておりましたら、1ヶ月以上経ってました;
 ほんと、日々過ぎ行くのが早いです。
 定期更新、週1とかでもペース早過ぎるかと思ってしまうくらいに(汗)あわわ…。
 それにしても今年は春が早いですね。ぽかぽか陽気になってくると、家に籠もってちまちま書いてることに、なんだか罪悪感のようなものを覚えてしまいます…何故でしょう;;(苦笑)


 それはね、「罪悪感」ではなくて、本当は「お外で思いっきり遊びた〜い」という気持ちと、「待っている読者のために書かなくちゃ」と「もっと表現したい!」というみっつの気持ちの間で、心が揺れ動いているんですよ。ていうか、春に誘われている?
 遠慮せずに、更新のたびにどんどん送ってくださいね。


新作紹介

  1. 2007/02/24(土) 14:12:01|
  2. 新作紹介|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
■■ 謎行きバス その4 (遥 涼) ■■


ジャンル:児童文学(もどき)
長さ:原稿用紙19枚

 学校近くのバス停は、行き先不明の謎行きバス。だからみんな気味悪がって乗らない。
「虫好きの弱虫」と言われた雄一は、みんなを見返してやろうとそのバスに乗った。着いたところは山の中、事情で親と暮らせなくなった子どもたちを預かる施設。バスはここの送迎用だったのだ。
 雄一は帰ろうとするが、雄一の虫好きを知った施設のセンター長に引き留められ、「昆虫学の特別講師」をたのまれる。自分で役立つなら…雄一は早速、子どもたちと施設の内外で虫探しを始める。
(全8回。計150枚。2週間ごと更新予定)。

すぐ読む=>
http://homepage2.nifty.com/fly_up_fairy/story/boundforriddle.html#new
ホームページ=> 「創作物語の館・fly up fairy project system 2000」(ID=820)
ホームページURL http://homepage2.nifty.com/fly_up_fairy/index.html

 順調に更新されているご様子、なによりです。そして、物語はいよいよ核心部分へ……かな? 不思議な世界での主人公の役割が徐々に明らかになっていくような感じですね。

新作紹介

  1. 2007/02/12(月) 22:47:38|
  2. 新作紹介|
  3. トラックバック:5|
  4. コメント:0
■■ 夜明けの晩 (来条恵夢) ■■

ジャンル 現代ファンタジー?
長さ 原稿用紙換算八枚

 闇の中で、紅子は目覚める。病弱で到底一人では生きていけない身体を変えてもらうための、悪魔との契約。そのための条件が、それだった。後ろを振り向かず、前へ進め、と。
 悪魔と契約している少女(?)が通う学校で集団失踪が起こり、彼女(?)も自ら巻き込まれる、という話。
 短期集中の更新です。

すぐ読む⇒  http://raijyou.fc2web.com/T/hanasi/kago.html
すぐ読む⇒ 「地球と地球儀の距離」(ID=57)
 http://raijyou.fc2web.com/

◆◆おたより◆◆
 こんばんは。きっともう覚えておられないだろう、という頃に投稿をしているような気がします・・・そうは言ってもそもそも、多分三度目くらいですけど(苦笑)。

 こんばんわ。お久しぶりです。覚えてないのに、リップサービスで「覚えてますよ」なんて言うのは嫌いなので、素直にごめんなさいって言おうと思ったんですが、サイト名で思い出しました。「知友と地球儀の距離」……、うまいことネーミングしたなあって、ずっと思ってたんです。これからもよろしくです。

新作紹介

  1. 2007/02/10(土) 08:48:03|
  2. 新作紹介|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
■■ 謎行きバス その3 (遥 涼) ■■

ジャンル:児童文学(もどき)
長さ:原稿用紙12枚

 学校近くのバス停は、行き先不明の謎行きバス。だからみんな気味悪がって乗らない。
「弱虫」と言われた雄一は、みんなを見返してやろうとそのバスに乗った。到着したのは子ども達がいっぱいの施設。バスは施設の送迎用だったのだ。
 帰ろうとするが、施設のセンター長に引き留められ、センター長室へ。そこは畳の下から木が生え、虫はいるわヘビは出るわ。ヘビは雄一がつかまえると、慣れたのか腕に巻き付いた。
「樹液が落ちるから」センター長がカサをさし、腕にヘビを巻いたまま、雄一は朝食をご馳走になる。。
 そしておしゃべりする中で、雄一は強くなりたくてこのバスに乗ったと話す。するとセンター長は、この施設が何なのか、教えてくれた…。(2週間ごと更新予定)。

すぐ読む=>
http://homepage2.nifty.com/fly_up_fairy/story/boundforriddle.html#new
ホームページ=> 「創作物語の館・fly up fairy project system 2000」(ID=820)
ホームページURL http://homepage2.nifty.com/fly_up_fairy/index.html

 いよいよ物語の核心に近づいて……、きたのかな? その施設はどういったもので、どういう世界の中に成り立っているのか? この世のどこかにあるものなのか、それとも、別の世界への扉をバスで通り抜けたのか……。続きが楽しみですね。

新作紹介

  1. 2007/02/05(月) 22:52:07|
  2. 新作紹介|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
■■ 風の予感 第1話改訂版 オフィス風の予感(4) (峰しずく)■■

ジャンル:青春推理
長さ:原稿用紙換算約51枚

 ついに清花(さやか)の過去が明らかになる。「風の予感」で調査員になったきっかけから、カズノリとの出会いまで……。「番外編1」を改定にあたって第1話に収録にしたんだけれど、超大幅に加筆修正。清花ちゃんの物語をタップリと。

すぐ読む=>http://www.blueroman.com/novel/kz/kz2_014.html
ホームページ=>「綾綴人形」(ID=1)
http://www5b.biglobe.ne.jp/~novel/index.html

新作紹介

  1. 2007/02/04(日) 22:47:59|
  2. 新作紹介|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
■■  霜降り ■■ (サイトー)

ジャンル ショートショート
長さ 原稿用紙3枚

「君だけが知らない世界」
http://www.kimiseka.net/
(通称キミセカ)の1月大会で優勝しました。
焼肉をテーマとしたショートショートです。

すぐ読む⇒  http://www1.plala.or.jp/takeaction/novel/shimofuri.pdf
すぐ読む⇒ 「小説の部屋」(ID=482)
http://www1.plala.or.jp/takeaction/syousetuindex.htm

 優勝おめでとうございます。そういう優秀な作家陣がこのリングに加盟されているなんて、なんだか嬉しいですねえ。これからもがんばってくださいね。

新作紹介

  1. 2007/01/29(月) 08:07:18|
  2. 新作紹介|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
■■ Geschichte026 (hyu) ■■


ジャンル:欧風異世界ファンタジー
長さ:約5kb

 剣と魔法の本格欧風ファンタジー小説。
 序章+1〜50話を第1部とし、ほぼ毎週末定期更新しています。26話をUPしました〜

::::::::::

 優しい瞳で笑みながら、酷く、胸に痛い言葉を投げつけられたこともあった。
 そんなことには慣れていた。それでも、言って欲しくなかった。この声で。
 目を閉じて、その手を振り払って、耳を塞いでしまいたかった。聞きたく、なかった。
 傷付かない訳ではなかったから。
 抗おうとしたその時。だが、
「・・・綺麗だ・・・」
 発せられた言葉は、刃でなく。

::::::::::

 魔物や旅人や聖職者が出てきます。コメディなしのシリアス、ちょっと重めを目指しつつ。他にも詩や短編、絵なども置いてま★

すぐ読む⇒ 
http://rein-wiederkehr.egoism.jp/hyuside/RtI_zer0/Geschichte/Gtop.html
ホームページ⇒ 「Return to Innocence」(ID=117)
http://rein-wiederkehr.egoism.jp/hyuside/RtI_zer0/

◆◆おたより◆◆
 執筆にあけくれる正月、っての、過ごしてみたいですね〜。ワシは年賀状に追われてましたので;;
 そして定期更新は・・・以前掲載していたものの、再掲載ですので出来るのです;(苦笑)


 う〜ん、わかるわあ〜。執筆にあけくれる正月が良いかどうかは別にして、年賀状に追われる……。再掲載でも定期更新がままならない峰は、どうしたら良いのでしょう?

次のページ