最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  
容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。

新作紹介

  1. 2007/02/10(土) 08:48:03|
  2. 新作紹介|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
■■ 謎行きバス その3 (遥 涼) ■■

ジャンル:児童文学(もどき)
長さ:原稿用紙12枚

 学校近くのバス停は、行き先不明の謎行きバス。だからみんな気味悪がって乗らない。
「弱虫」と言われた雄一は、みんなを見返してやろうとそのバスに乗った。到着したのは子ども達がいっぱいの施設。バスは施設の送迎用だったのだ。
 帰ろうとするが、施設のセンター長に引き留められ、センター長室へ。そこは畳の下から木が生え、虫はいるわヘビは出るわ。ヘビは雄一がつかまえると、慣れたのか腕に巻き付いた。
「樹液が落ちるから」センター長がカサをさし、腕にヘビを巻いたまま、雄一は朝食をご馳走になる。。
 そしておしゃべりする中で、雄一は強くなりたくてこのバスに乗ったと話す。するとセンター長は、この施設が何なのか、教えてくれた…。(2週間ごと更新予定)。

すぐ読む=>
http://homepage2.nifty.com/fly_up_fairy/story/boundforriddle.html#new
ホームページ=> 「創作物語の館・fly up fairy project system 2000」(ID=820)
ホームページURL http://homepage2.nifty.com/fly_up_fairy/index.html

 いよいよ物語の核心に近づいて……、きたのかな? その施設はどういったもので、どういう世界の中に成り立っているのか? この世のどこかにあるものなのか、それとも、別の世界への扉をバスで通り抜けたのか……。続きが楽しみですね。

<<  新着サイト  |  ホーム  |  新作紹介  >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://paon.dtiblog.com/tb.php/71-47337ba5